Interview

「ルンバ」のコアターゲットとなる可能性を秘めたペットオーナー
リアルな声が収穫できたコラボイベントとは?

「ルンバ」のコアターゲットとなる可能性を秘めたペットオーナー<br />
リアルな声が収穫できたコラボイベントとは?<br />
のイメージ画像

Client

アイロボットジャパン合同会社

マーケティングコミュニケーション部 
高川弥生様(写真中央)

2013年からロボット掃除機 ルンバおよび床拭きロボット ブラーバなどアイロボット製品のデジタルマーケティング業務を担当。2018年より、マーケティングコミュニケーション業務全般に携わっている。

Overview

ロボット掃除機「ルンバ」、床拭きロボット「ブラーバ」で有名な、アイロボットジャパン合同会社様との事例をご紹介します。

2018年6月9日、アイロボットジャパン合同会社様のアイロボットファンプログラムの一環として、コラボイベントを実施。すでにルンバ、ブラーバを愛用しているペットオーナーと、まだアイロボット製品を使ったことがない一般のペットオーナーにご参加いただき、「HOUSE STUDIO PECO」でルンバとブラーバの体験イベントを行いました。こちらの取り組みについて、振り返ります。

アイロボットジャパン合同会社×PECOの取り組み

  1. リアルな場でのユーザーアプローチ ルンバ・ブラーバ体験イベント

Interview

イメージ画像

ペットオーナーは、コアターゲットになる可能性を秘めた存在

PECO高橋
この度は、すでにルンバ、ブラーバを愛用しているペットオーナーと、アイロボット製品未体験のペットオーナーを集めてコラボイベントを実施させていただきました。アイロボット製品のファンを参加対象としたイベントは、ユニークな取り組みだと思います。

高川さま(以下、高川)
アイロボットファンプログラムで、ペットオーナーさんとペットが一緒に参加するのは初めての取り組みでした。ルンバが抜け毛を自動で掃除してくれるとわかっていても、本当にお家をキレイにできるの?ペットと相性が良いの?などの疑問をその場で体感し、解決いただけました。

PECO高橋
「ルンバ」ファンの皆さんがイベントに参加して、SNSなどを使って自分たちの言葉で魅力を発信していく…というのは説得力がありますし、面白いと思いました。今回は弊社のほうでルンバ未体験のペットオーナーを募ったわけですが、ルンバを使ったことのない方々にはタッチアンドトライの良い機会になったと思います。

高川
使ったことのない方々に、ルンバの良さを知っていただくには、リアルな場での体験がとても重要だと捉えています。今回はPECOさんとご一緒させていただき、“ペットがいる家庭”を想定した、とてもリアリティのある空間でイベントができて良かったです。

PECO栗山
「ペットオーナー」というのは、もともと販売ターゲットとして意識されていたのですか?

高川
ワンちゃんやネコちゃんがいるご家庭では、やはり「抜け毛」問題を抱えている場合が少なくないでしょうから、需要はあるだろうなと思っています。
ただ、どんな方法でお掃除しているかは家庭ごとに違いますし、どのように製品の良さをお伝えしたら「使ってみたい」と検討いただけるか、日々模索しています。

PECO栗山
ルンバファンを募ったイベントでは「共働きの家族」などをターゲットにしたものもありますよね。

irobot

高川
そうですね。共働きの家族はお仕事・子育て・家事とやることがたくさんあるので“ルンバにお掃除をお任せしている”というお話を聞きます。
毎日、床がホコリなどでちょっとずつ汚れていくと気になってしまうし、お子さんが小さいと、床の汚れを口に入れてしまうのでは…という心配もあるかと思います。
でも、ルンバが代わりにお部屋をキレイにしてくれるので、掃除しなきゃというストレスが軽くなって、家族と一緒に過ごす時間などを大切に過ごされているようです。

PECO高橋
なるほど。ペットオーナにも当てはまりそうな気がします。

高川
そうですね。ですからまずは、ファンプログラムなどでタッチアンドトライしていただき、「ルンバって便利かも!うちでも使ってみたい!」という気持ちになっていただくことから始められたらいいなと考え、今回の企画を考案しました。

イメージ画像

リアリティのある家庭空間で、満足度の高いイベントが実現しました

PECO高橋
そこで弊社とのコラボレーションが実現したわけですね。実際、イベントの感触はいかがでしたか?

高川
弊社にとっては複数のペットオーナーさんとペットが集まってルンバやブラーバを体験いただくチャレンジングなイベントでしたが、イメージしていた以上の素敵なイベントが実現できました。イベントでは「ワンちゃんがいる実際のお家」を再現して、ルンバやブラーバを体感していただきたいと相談していました。PECOさんのスタジオは、テーブルやソファ、ラグをご用意していただき、自然とリアルな住空間が出来上がりました。
ルンバやブラーバがお掃除する姿を楽しく見てもらいやすいリビングを作っていただきました。
「ペットオーナーが実際に使ってみました!」とひとつのご家庭をインタビューすることはよくありますが、ペットオーナーがたくさん集まる場を作り、実際に使っていただく…というのはなかなか実現できないので、有意義な試みでしたね。

PECO高橋
そう言っていただけて、光栄です。コンテンツを作る上で、僕たちも「ペットオーナーのリアリティをどれだけ追求できるか」という点は、とても重要視しています。
参加されたペットオーナーさんとも様々なお話しをされたと思います。何か発見はありましたか?

高川
「ルンバは知っているけど、どんなふうに動くのかは知らなかった。便利なんだね〜」というようなペットオーナーさんが、意外に多かったです。ルンバを使ったことがない未経験者は、先入観もないまっさらな方たちです。
そういうオーナーさんたちに、ルンバの実力を認知していただけたのは収穫でしたね。呼ばれてフラッと来てみたら、意外に良い情報がゲットできました!…みたいな(笑)。

PECO高橋
実は僕もわりとそのタイプで…。あのイベントを通して、ルンバの良さを初めて知りました。今はすっかりルンバの虜で、自分で愛用しています(笑)。

高川
え、そうなんですか!? ありがとうございます!(笑) いかがですか? 使い心地は。

PECO高橋
うちは共働きなのですが、帰宅するとメチャクチャきれいになっていて、毎度感動しています(笑)。実際に使うようになって、ルンバってつくづく面白いプロダクトだなと思いました。ある種、「時間を買う」手段としての側面もあるじゃないですか? 自分の手を動かさずに家がピカピカに掃除されていて、何といいますか…帰宅したときの心洗われる感じですかね。帰宅早々「気持ちいい!!」みたいな(笑)。

高川
それはすごく嬉しい意見です! 

高橋
以前は帰ると部屋が散らかっている状態が常で、それがストレスにもなっていましたが、今はストレスフリーです。心地良さしかないですね。猫の毛もまったく落ちていないですし。
「キレイな家に帰るのって、こんなにも幸せなんだ!?」と、感激しています。お世辞抜きで(笑)。
こういう、ある種の幸福感を満たしてくれるプロダクトって、なかなかないと思いますよ。

irobot2

PECO栗山
ストレスの話でいうと、「うちの子はロボット掃除機をストレスに感じるかも…」、「怖がるかもしれない…」という点を懸念するペットオーナーさんは、けっこういらっしゃると思うのです。今回はワンちゃんも一緒に参加できるイベントだったので、「うちの子とルンバとの相性」問題も、クリアできましたよね。

高川
確かに! なかなかワンちゃんに試す機会はありませんもんね。ペットオーナーさんって自分のことは二の次で、ペットには余計なストレスを与えたくないと考える方もいらっしゃるので、ワンちゃんの精神的な部分をイベントでクリアにできたのは良かったです。

イメージ画像

商材の魅力の伝え方を、親身になって一緒に考えてくれる…それがPECOの良さ

PECO高橋
今回、我々と一緒に取り組みを行ってみて、いかがでしたか? 率直な意見を聞かせてください!

高川
準備過程でも、「一緒にコンテンツを作ったら、面白いものができそうだな」というワクワク感がありました。「ペットオーナーに向けて、ルンバやブラーバを魅力的に見せるにはどうすればいいのか」を、しっかりとPECOさんの視点で考えてくれるのが、とても頼りになりました。すべてを丁寧に考えてくださるところが、PECOさんのいいところだと思いました。
さらに、体験の場を作る以外にも、レポート動画や記事づくりもしていただいてより多くの方にルンバやブラーバの魅力をお届けできることができましたし、参加者全員がルンバ・ブラーバのモニター体験できるようご協力いただきました。
PECOさんはPECOユーザーさんと直接つながっていて、最大限お力添えいただき大変感謝しています。

PECO高橋
そんなふうに言っていただけると、嬉しいです(笑)。ありがとうございます。

高川
プロモーションを行う際、弊社は、「ルンバを導入するといかにきれいになるか」という製品の機能価値の理解と、「暮らしにどんなふうにマッチするか」という生活価値の理解を最重要視しています。この2点を消費者の皆さんにお伝えしたいのですが、言葉やイメージだけでは到底伝えきれません。やはり人が生の言葉で伝えたり、製品を体験していただくのが、一番効果的です。PECOさんは、それをとてもいい形で実現していただけるメディアだなと思いました。

PECO栗山
ペットオーナーに対して今後どのようにアプローチされていきますか? 展望を聞かせてください!

高川
ペットオーナーさんには、実際にタッチアンドトライしていただく機会を設けることが一番有効だと考えています。我々も良質なコンテンツをたくさんの方々に見ていただきたいという思いがあるので、またPECOさんと組んでワクワクするような企画を展開できたらいいですね。全国のペットオーナーさんに是非ルンバを体験してみていただきたいです! そのためにはどんなものを仕掛ければいいのか、これから一緒に考えていきたいと思います。

事例詳細等をご希望の企業様は下記リンクから、お気軽にお問い合わせください。